リング

結婚指輪choiceも情報収集から~夫婦の証を賢く選択~

納得・満足のいく指輪選び

恋愛イメージ

ブランドにこだわらない

婚約指輪は給料の3か月分とよく言われていますが、そこまでお金をかけなくても、彼女に対して指輪で十分に愛情を示すことができます。ブランド物の指輪にこだわらず、オーダーメードの手作り指輪を作ることです。小さな手作り専門の工房を探して、最初に予算を伝え、デザインの希望をじっくり相談しながら自分の身の丈にあった指輪を婚約者にプレゼントするのです。良心的で、デザインから加工までを一貫して自社で行っている工房なら、余計な中間マージンを取らずに相場より安く、満足の行く手作り婚約指輪を作ってくれるものと思います。婚約指輪の台になる金属はプラチナのことが多いですが、これをホワイトゴールドに変えることで費用は抑えられますし、婚約者のイメージによってはピンクゴールドやイエローゴールドの台も個性的かと思います。

自作その他も可能です

もっと極端な方法を選ぶなら、お金の代わりに労力を提供する、つまり婚約指輪の自作を試みることもできます。指輪の手作りをサポートしてくれる工房は決して多くはないかもしれませんが、インターネットで「手作り婚約指輪」と検索してみれば、全国のあちこちに工房が散在していることが分かります。「手作りコース」として一律の料金が決まっているところではあまり安くならないかもしれません。しかし完成したリングの重さによって料金が決まるという良心的な工房の場合、かなり安く仕上がります。不器用で手作りは無理だ、という場合には、ご自分のお母様から指輪をもらって譲る、という方法もあります。ヨーロッパの貴族なら、先祖代々伝わっている由緒のある指輪を譲る、というところです。いくらなんでも母親のお古を彼女に譲るなんて失礼…と考える場合は、指輪の石だけを生かして、リフォームして婚約指輪を贈ると、石が手元にあるので、相場の半分ぐらいで最新デザインの婚約指輪を贈ることができます。